FXとは

最近、よくFXという言葉をよく耳にします。FXというのは「外国為替証拠金取引」」のことを意味します。外国為替取引は、日本円と米ドルなど、異なった2つの通貨を転換する取引のことをいい、証拠金取引は、証拠金を担保にその何倍もの金額を運用する取引のことをいいます。そこで、FXが注目されている理由をいくつか挙げていきます。小さな金額を預けて、大きな金額を動かすことをレバレッジ効果といいますが、FXは、レバレッジを利用して少ない証拠金を元手に、その何倍もの大きい外貨を運用する取引のことをいいます。ドル安時にドルを買い、ドル高時にそれを売ると、レバレッジ効果により大きな収益をあげることができます。しかし、逆に不利に相場が変動していくと、大きな損失を受けることもあり、損失が証拠金の額を上回る場合もあります。売買益をだすには、安く買って高く売却しなくてはいけませんが、FXは、一般的な株と異なり、先に売って後から買い戻すことができます。そのため、円高傾向の場合でも利益を得るチャンスがあります。金利に差がある2通貨を売買した際に発生するポイントを、スワップポイントやスワップ金利といいますが、FXは、スワップを貯めることによって利益を得ることができます。低金利通貨を売り、高金利通貨を買いならスワップ受取で収益となりますが、高金利通貨を売り、低金利通貨を買いならスワップ支払いで損失となります。一般的な株よりも始めやすく、利益がでたときに大きい金額になるというところに注目が集まっています。

FXにかかる費用

次に、FXにかかる費用について説明します。効率の良い資産運用をしていくためには、FXのコストについて把握することが大事です。初期費用としては、口座開設費用と最低必要証拠金が必要となります。自己資金が小額であれば、初期費用が少なくて済むFX会社を選びましょう。口座開設費と維持費は、最近はほとんどのFX会社が無料で行っています。実際に・・・

メリットとデメリット

FXの一番のメリットは、24時間取引ができることです。FXは世界中の通貨をターゲットにしているため、インターネット環境があればいつでもオンラインの取引をすることができます。普段時間がない人でも、好きな時に取引を行えます。そしてFXは、外貨預金に比べて手数料が安い他、小額からでも取引を開始することができます。1万円~30万円程の金額でも投資・・・